古刀最上作・鎌倉時代末期の大名工 「 越中國則重 」2 尺 4 寸弱の長寸・本阿弥光遜先生鞘書き有り・特別貴重刀剣の落札結果
中古


古刀最上作・鎌倉時代末期の大名工 「 越中國則重 」2 尺 4 寸弱の長寸・本阿弥光遜先生鞘書き有り・特別貴重刀剣の商品画像

古刀最上作・鎌倉時代末期の大名工 「 越中國則重 」2 尺 4 寸弱の長寸・本阿弥光遜先生鞘書き有り・特別貴重刀剣の画像1
古刀最上作・鎌倉時代末期の大名工 「 越中國則重 」2 尺 4 寸弱の長寸・本阿弥光遜先生鞘書き有り・特別貴重刀剣の画像2
古刀最上作・鎌倉時代末期の大名工 「 越中國則重 」2 尺 4 寸弱の長寸・本阿弥光遜先生鞘書き有り・特別貴重刀剣の画像3
古刀最上作・鎌倉時代末期の大名工 「 越中國則重 」2 尺 4 寸弱の長寸・本阿弥光遜先生鞘書き有り・特別貴重刀剣の画像4
古刀最上作・鎌倉時代末期の大名工 「 越中國則重 」2 尺 4 寸弱の長寸・本阿弥光遜先生鞘書き有り・特別貴重刀剣の画像5

古刀最上作・鎌倉時代末期の大名工 「 越中國則重 」2 尺 4 寸弱の長寸・本阿弥光遜先生鞘書き有り・特別貴重刀剣の画像1
古刀最上作・鎌倉時代末期の大名工 「 越中國則重 」2 尺 4 寸弱の長寸・本阿弥光遜先生鞘書き有り・特別貴重刀剣の画像2
古刀最上作・鎌倉時代末期の大名工 「 越中國則重 」2 尺 4 寸弱の長寸・本阿弥光遜先生鞘書き有り・特別貴重刀剣の画像3
古刀最上作・鎌倉時代末期の大名工 「 越中國則重 」2 尺 4 寸弱の長寸・本阿弥光遜先生鞘書き有り・特別貴重刀剣の画像4
古刀最上作・鎌倉時代末期の大名工 「 越中國則重 」2 尺 4 寸弱の長寸・本阿弥光遜先生鞘書き有り・特別貴重刀剣の画像5

古刀最上作・鎌倉時代末期の大名工 「 越中國則重 」2 尺 4 寸弱の長寸・本阿弥光遜先生鞘書き有り・特別貴重刀剣の商品説明

古刀最上作・鎌倉時代末期越中の大名工 「 越中國佐伯則重 」2 尺 4 寸弱の長寸・本阿弥光遜師鞘書き有り・特別貴重刀剣

則重は、鎌倉時代末期の越中国、現在の富山県富山市あたりの出自で、本名を「佐伯則重」という。
則重は、古刀最上作であり、正宗十哲の 1 人に数えられ、正宗の高弟とされていたが、作風と時代姿から新藤五国光もしくは藤三郎行光に師事した兄弟弟子であろうと現代の研究では落ち着いている。
則重作品は、大和伝の作風が強く、かの郷義弘の師とみられている。 国宝及び重要文化財に多数指定指定されている鎌倉末期越中刀工の名工中の名工です。
作風の特徴としては、太刀、短刀が多く、太刀は鎌倉末期の姿となる。 地鉄は細かくよく練れ、黒味を帯び、大板目肌流れ鍛え肌がゴツゴツした松の皮が幾重にも重なっているかのように見えることから「則重の松皮肌」と呼ばれる。
刃は直刃に小湾れを交えるものを基本とし、刃縁に荒沸がつき、刃中は小沸が微塵につき刃縁に沿って、金筋、砂流しが入る。打ちのけも見られる。 匂口は沈みごころで沸が強いため、地刃の境が判然としないものが多い。 帽子は乱れこみ焼き詰めとなるものと、返りが深くつくものが存在する。

本刀は、摺り上げられて尚 2 尺 4 寸弱の健体を保ち、地鉄一層古雅で、則重特有の松皮肌表れて黒味を帯び、柾目沸よくつき地景蠢くように入って刃中に及ぶ。 刃縁荒沸つき刃中には小沸微塵につき帽子は先詰まる猪首となる。
鞘には本阿弥光遜師の鞘書きがあり「代千五百貫」が揮毫されおり、特別貴重刀剣認定書も付属致しております。

本刀は委託人でございますが、なるべく売り切らせて頂きますので、皆様のご入札をお待ち致しております お刀の状態ですが、少々のヒケあるも、錆等なく良い保存状態を保っていると思います。
落札後は、速やかにお取引き頂けますお方様のみご入札をお願い致します。 評価の悪い方等の入札は、当方の判断にて取り消させて頂きます場合がございます事、どうぞご了承下さい。
尚、評価新規のお方様でも、入札はできますが、必ず質問欄より(落札に至った場合の購入の意思)をご連絡下さい。
長さ・・・・72.4 cm
元幅・・・・約 3.0 cm
先幅・・・・約 1.9 cm
元重・・・・約 6.7 mm
先重・・・・約 4.8 mm
xvpbvx

 

 

 

 

 

 

 

オークション情報 中古

落札価格 250,500
入札件数 32件(入札履歴
商品の状態 目立った傷や汚れなし
発送方法 宅急便(ヤマト運輸)
発送地域 福岡県
終了日時 2023年1月25日 23時29分
出品者 ckrcl20163評価
オークションID w1078495882

カテゴリ落札トレンド